東京都江戸川区の「うつ病専門」自律神経施術を得意としている鍼灸院 都心部千葉方面からのアクセスも総武線沿線で便利
うつ病・自律神経施術専門 平井鍼灸院 ‐ 東京都江戸川区

うつ病の症例

うつ病の症例をご紹介致します。

 

うつ病は、心の風邪とも言われていますが、心の病ではないと私たちは捉えております。ほとんどの原因は体に出ており、それを解消することでうつ病の状態を快方に向かわせることが重要です。うつ病には、抑うつ傾向の方と躁鬱の傾向の方が多く、当院にもご来院されて改善が見られている症例でもあります。

 

このようなお悩みの方が多いです。

 

  • 頭が回らなくなる…
  • 原因不明のしびれがある…
  • 気分が上がらない…
  • 急に不安になる…
  • 身体が午前中は殆ど動かせない…
  • 吐き気がする…
  • 人間関係が苦手…

 

症例は一例ではありますが、他のうつ病の方の治療経過を予測する上での大切な情報となります。ご自身と全く当てはまらない場合であっても、読み進めてみてください。

何か改善のヒントになることがあるかも知れません。

 

それでは、症例をご覧ください。

 

症例1 うつ病と不眠

 

患者

 

30代 男性

 

来院

 

2017.1

 

症状と来院理由

主訴は抑うつ症状と不眠症。

うつ病と不眠の症状に悩んでいた方の症例。専門学校の研修中に発症。やる気の低下、思考低下、体の痛み、だるさ、不眠の状態が続いているために研修を中断して治療の為に来院。おおよそ半年前から徐々に症状が出ていたが気づかずに研修に入り体調を崩してしまった。体の状態としては、歪みが発生し自律神経の緊張状態と胃腸症状があり、寝ている間に体の回復がうまく進まない状態になっている。特に寝ている時の睡眠の質が改善しない状態を考えると、腸内環境と肝機能が低下していると考えられる。

 

通院ペース

週1回

 

治療内容と経過

主に肝機能と腸内環境の改善を行った。

肝機能と腸内環境が良くない可能性があるので、施術では腹部臓器に対する代謝を上げるアプローチの為に、温める治療をメインに行う。温石治療を開始、お灸をすることも初めてから体の状態は好転してきた。体の状態が好転してきてから、睡眠の質の向上が見られて研修に復帰するまでに鬱の状態が改善した。

おおよそ3か月の治療で改善したのは、肝機能と腸内環境を適切に良い状態に近づけることが出来たからである。

 

症状が出ている部位

 

赤=痛み 青=冷え

                    ※黒=硬さ

同時に治療をした症状

胃腸の症状

 

使用した主なツボ

天枢

 

考察

うつ病などの症状は、短期間で発現するものもある。それは、常に自律神経の乱れが存在していることに気づかずに、体力が徐々に減っている状態で、限界を超えるストレスを受けたときに発症するからである。
これは短期間で発現したのかというと正しい表現ではなく、きっかけがあった際に体の状態がベストではなかった為に症状として出てしまったという表現が正しい。うつ病は急には治らないが、症状自体は寛解することがある。症状が落ち着いている状態がベースとなったときに、一時的に治った状態を経験する。人によってはこの状態をずっと継続することも出来るが、多くの方が再燃を繰り返してしまうために継続して施術を受けて、体質改善をしている。

体の状態を本質的改善するためには、時間をかけて頸椎と仙腸関節を調整する必要がある。
内蔵の代謝反応が高まれば、関節の動きは改善する。関節の動きに問題がなければ、体に症状が出ることはない。私たちが体質改善を目指す理由はここにある。再発防止の為に、継続して治療をしていく生活を今後も提供していく。

 

関節移行部を特に集中的に治療することで、自律神経幹にかかる負荷を取り除いた。初回の治療後から頭痛軽減効果が表れて、持続している。

 

 

症例2 双極性障害と首の痛み

 

患者

 

20代 男性

 

来院

 

2016.9

 

症状と来院理由

主訴は双極性障害と首の痛み。

首の痛みが起こっている原因は、脳の緊張状態による交感神経の緊張が原因。もともと双極性障害も持っているために、ストレスに対して抵抗している時に首の痛みが出る。仕事上も、下向きの姿勢が多く工事に従事しているために体が冷える環境下にいることが多かった。またレイノー現象も陽性だった。振動が原因で体の異常を来していた。双極性障害に関しては、たまに症状がぶり返す程度で薬は服用していない。再発防止を目的に治療を開始。

 

通院ペース

週1回

 

治療内容と経過

主に手関節および頸椎神経根の治療。

レイノー現象による手や腕の症状に関しては、手関節付近の神経束と血管束に対するアプローチが重要だった。神経パルスやお灸によるアプローチは有効だった。
頸椎神経根に関しても、神経パルスが重要だった。長年の双極性障害を持っている患者だったため、首の筋肉も緊張していた。総頚動脈付近の硬さは自律神経の乱れを生み出すだけではなく、神経根に豊富な酸素が行き届く為にも首の緊張を取り除くことがとても大切。特にパルス治療が効果的だった。

 

症状が出ている部位

 

赤=痛み 青=冷え

                    ※黒=硬さ

 

同時に治療をした症状

双極性障害の再発防止

 

使用した主なツボ

頚椎神経根付近の硬結

 

考察

双極性障害を持っている患者さんに関しては、体のしびれや冷感などの症状の根源に自律神経の乱れや中枢神経の緊張を見るべき。末梢の症状の根源は必ず中枢にあるからだ。なぜいまの症状が出ているのかを明確にしていき、詳細をつかむことで根本治療が可能となる。今回は、神経根パルスが有効だった。中枢神経に対しても末梢神経に対しても、よい効果が出た。血管束に対する効果も良好だった。これらの結果を踏まえて今回の治療のポイントを整理すると、中枢神経系の乱れがある場合は、パルス治療を頚にするという事だった。
今までも頚のパルス治療をしてきたが、今回の症例でその再現性を明らかにすることが出来た。
これからも多くの方の患者さんの施術に活かしていく。

 

症例3 ストレスによる軽うつ状態

 

患者

 

40代 男性

 

来院

 

2018.3

 

症状と来院理由

主訴は軽うつ状態。

5年前に離婚や仕事のストレスでうつ状態になった。薬を投薬(サインバルタ)したことで軽減されていたが、飲んだり飲まなかったりを繰り返していている。3~4か月飲まなくても平気だが、倦怠感や疲労感が続いてしまうことが嫌になり、どうにか改善しなければと思い来院。

薬を飲むと慢性的な症状は良くなるが、やる気が続かない。

 

通院ペース

週1回

 

治療内容と経過

主に交感神経と副交感神経のバランスレベルの調整。

週に2回の施術を約2か月継続し経過としては、まだ不安定な状況で、気候からの影響があり、気分の浮き沈みもある。ただ気持ちは少なくとも通い初めよりは前向きで、毎日会社と休日は育児に専念している。治療経過4か月が経ち、ある程度気持ちの安定は出てきている。来院ペースも2~3週間に1回と回数を減らしながら様子をみている。

足や腹部の冷えに対してはお灸や温石当熱で温めた。下腿からの血流をあげることと、肝臓フォローのためにふくらはぎのオイル、頸肩周りの緊張を緩めることと、頭や脳への血流を促すために頸肩のオイルを行った。また頭蓋骨の整体で全身の歪みの調整、頭の硬さや歪みを整えていくことで、脳へ血流が行きやすいように調整も行った。

 

症状が出ている部位

 

赤=痛み 青=冷え

                    ※黒=硬さ

 

同時に治療をした症状

首の硬さ

 

使用した主なツボ

太衝、太谿、足臨泣、中脘、だん中、側頭部、膈兪、肺兪、大腸腧、後頭下縁

 

考察

会社の経営者、家庭の育児など、生活する中で思考することが多く、エネルギーを使用しすぎていることが影響していると考える。もともと軽うつではあるが、病態的にはそこが重要というよりも、以前薬を使用していたことから、そこからの脳内伝達物質のマヒがあると考え、脳脊髄液が流れやすくなるよう頭頚部へのアプローチと、横隔膜を緩めることで呼吸から自律神経を整えるアプローチをした。また疲労や薬の投薬期間があったこともあり、肝臓への負担も考えられたので、肝臓へのアプローチもしている。

 

鍼灸師 石塚綺

 

症例4 うつ病とパニック障害の併発

 

患者

 

40代 女性

 

来院

 

2016.8

 

症状と来院理由

主訴はうつ病とパニック障害の併発。

職場の役員会のストレスにより、気分の抑うつ傾向とパニック障害(特に息苦しさと首の痛み)を発症。人間関係の悪化からも、常に高ストレス状態に置かれている。子育てはうまく行っているが、自分の仕事の状況からストレスが溜まってしまいあたってしまうことも。症状が悪化するのは、職場のことを考えたり、思い返したりすることでも起こってしまうほど重症化していた。

 

通院ペース

週2回

 

治療内容と経過

主に脳神経の働きを正常化させて、ストレス抵抗の力を養う。

原因は、脳のストレスが強くなること。思考も運動も、同じ体力から生み出される生理反応が関係している。つまり、脳のストレスが強くなるという事は、自分が嫌だと思う出来事を思い起こしたりしても、体にかかる負担は運動で疲労をした時の状態と同じだという事である。この患者さんの場合、職場環境がご自身の居場所がないほどひどい状態で、仕事をまともに出来る環境ではなかった。

そこで、話を聴きながら心の緊張を緩ませて、頭に鍼を打って電気を流して頭の骨の緊張状態を解消していった。加えて頭の骨の整体を行うことでも神経の鎮静化を図った。

首のこりはとにかく固く、マッサージで施術をしてもほぐれなかった為、整体で対処をしたところ症状の好転につながった。

 

症状が出ている部位

 

赤=痛み 青=冷え

                    ※黒=硬さ 黄=こり

 

同時に治療をした症状

思考停止

 

使用した主なツボ

百会、労宮

 

考察

職場環境が体調不良に密接に関係していた症例。体に出るあらゆる症状のうち、脳のストレスにより発症するものがほとんどであることを考えると、ストレス抵抗を高めることで対処が出来ることがわかる。ではストレス抵抗はどのように高めていったらよいのかというと、まずは体の歪みや硬さ、こりを緩めることから始めるのが鉄則となる。なぜなら、ストレスに打ち勝つためには体力が必要となるからである。そこから体をさらに良くしていくためには、セルフケア能力やそれを活かせる整った体の構造が必要となる。私たちは、徹底した骨格調整を大切にしています。それは、ストレスに打ち勝ち、セルフケアを最大限体に活かせる状態をつくるのに必要だからである。思考停止してしまう状態は、ストレスに負けています。施術を通して体の反応を改善し、ストレス抵抗が高まった体を作ることをこれからも目指す。本人は今現在、卒業をして元気に働いている。

 

症例5 抑うつ症状と腰痛

 

患者

 

30代 男性

 

来院

 

2017.1

 

症状と来院理由

主訴は抑うつ症状と腰痛症。7~8年前から抑うつ状態が続いている。きっかけは会社からの急なリストラの体験。気分がスッキリしない感覚と腰の痛みが続いていたことがきっかけで来院。薬の処方は2種類(ジェイゾロフト、エビリファイ)。飲んでいる薬を減薬したいという希望もあり、鍼灸施術を選択した。不妊治療も同時に受けたいという希望があった。

 

通院ペース

週1回

 

治療内容と経過

抑うつ症状に関しては、顔の赤み、表情筋の硬さ、骨格の硬さ、慢性的な冷えの状態を改善することで解消を行った。特に、腸の働きが鈍くなっており、便秘の状態も続いていた。これは薬を服用している副作用も関係していると思われる。

薬の種類は、「抗うつ薬を2種類」服用していたが、4ヵ月経った時点で減薬することが出来た。自律神経の働きを調整したことで、薬の服用量を少なくできたと考えられる。

 

症状が出ている部位

 

赤=痛み 青=冷え

                    ※黒=硬さ

同時に治療をした症状

不眠症

 

使用した主なツボ

勇泉、中脘、壇中、膈兪

 

考察

抑うつ症状が発症した原因が、会社のリストラであったことを考えると、精神的な負担が体の症状を誘発したと考えられる。本質的な原因は、精神的なストレスによる体の筋肉による抑圧状態が強くなったことで、自律神経の乱れが生じて抑うつ状態になっていた。施術では、主に頭の骨の調整と骨格の調整、腹部臓器では腸の働きに対して調整をかけることで体の血流改善を行った。選択したツボは胃、腸、心臓、血液の流れを調整することを目的に選択した。刺激方法は鍼および灸を選択し、その日によって熱量や鍼の本数を変更して施術を積み重ねた。

その結果、減薬が出来はじめ、そこからの精神状態の改善はスピードを増していった。減薬が出来たことで精神的に前向きにもなれたこともあり、6か月で卒業に至った。

 

症例6 対人関係で発症したうつ病

 

患者

 

40代 男性

 

来院

 

2016.12

 

症状と来院理由

主訴はうつ病と手足の震え。2015年に職場の対人関係が原因で、精神的なストレスが大きくなりうつ病を発症した。人前に立った時におどおどしてしまうようなことも、出るようになった。手足は不随意で震えが出てしまう状態。パーキンソン病を患っている。パーキンソン病の既往歴から、うつ病が悪化した。歩き方がおかしいのを人から見られていることにストレスを感じている。死にたいくらい辛い。ストレスが強すぎる時は頓服薬として安定剤を服薬している。これから減薬をしていきたい。

緩慢になっている動作としては、髪を洗ったり、歯磨きをしたりする動き。

 

通院ペース

週1回

 

治療内容と経過

脳神経の働きに異常があるパーキンソン病を患っていることもあり、腎機能の調整が必要だと考えた結果、太谿、腎兪、関元に補う施術を行った。また手の震えや不安定な体重移動(歩行時)については、筋肉のトーヌス(緊張状態)を調整する為に脾臓と肝臓の機能調整を行った。使用したツボは、地機、血海、太衝、曲泉、合谷、三陽絡。

施術を行った結果、直後はだるさがあるが翌日に軽い体の感覚を得られるようになった。安定剤を服用しなくても仕事をすることが出来た。通院して3か月が経過した段階で、手指の緩慢な動きは回復した。

 

症状が出ている部位

 

赤=痛み 青=冷え

                    ※黒=硬さ 黄=こり

 

同時に治療をした症状

手足の震え、歩行困難、不眠

 

使用した主なツボ

太谿、腎兪、関元、地機、血海、太衝、曲泉、合谷、三陽絡

 

考察

パーキンソン病を既往病歴として抱えた状態で、うつ病が悪化した症例だったが、気分の回復は3~6か月程度で得られた。手足の震えの原因は脳神経、脳内の神経伝達物質のセロトニン不足で起こることがあるが、鍼やお灸、整体の施術で手足から脳に向かって刺激を入れることで運動機能は回復することが証明された。ある程度の刺激は必要。気持ちの良い刺激よりも、痛み等を多少伴う種類の刺激の方が、脳神経に対して顕著に効果を出すことが可能。また、脳神経は腎臓機能を調整することでアプローチをすることが出来るので、今回の症例でもその効果を上げることができた。

運動機能の回復には肝機能の調整と、整体が有効だった。うつ病の悪化を招いたパーキンソン病の症状を回復させ、職場で感じているストレスに対して抵抗出来る体の状態をつくることと、セロトニンの分泌異常を回復させることが出来れば、うつ病は回復に向かうと分かった症例だった。

 

症例7 職場の人間関係の影響によるうつ状態

 

患者

 

30代 女性

 

来院

 

2018.10

 

症状と来院理由

主訴は肩の高さが違うこと、うつ状態。

元々系列院である本八幡鍼灸院に2年前に通院されていた。その時の主訴が方の高さの違いで、一度治ったが、再度左右差が出てきてしまったことで来院。更にこの2年間の間で職場での人間関係で嫌なことがあり、パニック障害からうつ状態となり、今休職されているが、来年4月に復職を考えているため改善をもとめて来院された。

 

通院ペース

10日に1回

 

治療内容と経過

気分の落ち込みが大きく、1週間に1度外に散歩に出かけるだけで2~3日寝込んでしまうことが10カ月続いていたが、治療を10日に1度続けていく中で体力がついてきて3回目の時点では寝込むことがなくなった。また同時に毎朝起きてからの吐き気と嘔吐も徐々にではあるが、毎日あったところからから、3日に1回(1週間に2回)、6回目の時点で消失した。少しずつ気分の落ち込みも減ってきており、復職に向けて12月に試験を受けて訓練も始まっている。治療内容としては、按腹の指圧で腸の動きの改善を促しながら、セルフケアを毎回お伝えして、日々ケアを続けているような状態である。

 

同時に治療をした症状

肩こり

 

使用した主なツボ

太衝、足三里、だん中、神門、膈兪、心兪、腎腧、志室

 

考察

この症例は今現在も治療継続中であり、経過を追っている症例である。気分の落ち込みと共に食欲不振もあり、血・栄養が不足している状態であったため、まずは胃腸機能回復に治療時間を注いだ。運動を週に1回はされていたことから本来気を動かす力が強いと考え、栄養が行き渡ることで体力も戻り、更に食べることが出来るようになっていった。また体調以外でも、お話や転院されていること、様々な経緯からコミュニケーションにおいても深くかかわる必要があると考察。ご本人が落ち着いて話せるよう、午前の最終時間に予約を毎回入れ、安心安全の空間をつくることにも重きを置いた。やりたいことをやれるように、行動と思考が徐々に一致して来ている中、今後更に気持ちの部分の強さも築いていけるよう、治療で更なる内臓機能改善とメンタル強化をしていく予定である。

鍼灸師 石塚綺

 

症例8 いじめがきっかけで起こったうつ病

 

患者

 

20代 男性

 

来院

 

2017.10

 

症状と来院理由

主訴は抑うつ状態と悪夢を見るほどの不眠状態。抑うつ状態が強いために、仕事に行くことが出来なくなってしまい、現状と身体を回復させる為に来院。原因は高校生時代のいじめ体験のショック。過去に体験した出来事を夢に見てしまいうつ状態が悪化している。服用している薬は、ユーロジン(睡眠薬の一種)、ロドピン(抗不安薬の一種)が処方されている(服用は寝る前の1回でユーロジン1錠、ロドピン2錠)。一度入院をせざるを得ないほどの状態になってしまい、家族も心配している。実際に入院しても何も回復が見られないために身体の原因を取り除く為に鍼灸施術を考えた。症状としては一人ではしゃべれなかったり、ムリしてしゃべっていると気持ちが悪くなってくるなどの症状がある。全身は過緊張状態で常に肩と首がガチガチになっている。

 

通院ペース

週1回

 

治療内容と経過

主に、抑うつ状態の原因となっている体の歪みと頭の骨の歪みを中心に施術をしていった。特に、頭と首の痛みを解消させる為にお灸と頭の骨の整体を入れて調整をしていった。整体をすると首も頭も軽くなり、精神状態も落ち着いてくる。

使用したツボは、百会、印堂、壇中、中脘、太衝、太谿、心兪、委中など。

特に頭のツボの百会と印堂はうつ病の方のセロトニン活性を目的に行い、体のリラックス効果を出す為に配穴をしていった。施術後は体の血流に回復傾向が見られて身体が温まった。デトックスという機械を使った補助療法も組み合わせることで薬の解毒作用で疲労している肝臓のケアを行った。

施術後6か月でユーロジンとロドピンの服用日数が毎日ではなくなった。

 

症状が出ている部位

 

赤=痛み 青=冷え

                    ※黒=硬さ 黄=こり

 

同時に治療をした症状

冷え性、頭痛

 

使用した主なツボ

百会、印堂、壇中、中脘、太衝、太谿、心兪、委中

 

考察

今回の症例では、ユーロジン、ロドピンという睡眠薬と抗不安薬の一種を服用しながら、減薬を目的に施術を行った。百会や印堂はセロトニン活性の為に必要な刺激を入れて、頭の整体を行うことで脳脊髄液の循環と脳神経の働きを回復させることを目的に施術計画を立てた。実際に結果としては6か月で減薬に成功し、現在も継続して薬が少ない状態で経過をたどっている。将来的には薬がいらない状態までの回復を計画しているが、本人の体力や精神状態に合わせて進めていく為、まだ1年はかかりそうだと判断している。

  • 03-3683-7670
  • 東京都江戸川区平井4-11-3 サンライズエンドウII 4階
  • お問い合わせ
  • ▼画像をクリック▼
    スタッフのブログ

    自律神経失調症内容、ほか院内の取り組みやイベントについてのご案内をしております。チェックしてみてください!

  • ▼24時間予約可能▼
    ▼24時間予約可能▼
  • エキテン
  • 診療案内
    診療案内
  • アクセス
    アクセス(お問い合わせください)
  • 営業日カレンダー
    « 2019年2月»
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    • 休診日
  • ご来院地域
    【東京都】
    江戸川区 江東区 墨田区 文京区
    【千葉県】
    船橋市 市川市 松戸市 千葉市
  • お気に入り