東京都江戸川区の「うつ病専門」自律神経施術を得意としている鍼灸院 都心部千葉方面からのアクセスも総武線沿線で便利
うつ病・自律神経施術専門 平井鍼灸院 ‐ 東京都江戸川区

不眠症の症例

不眠症の症例をご紹介致します。

 

不眠症の原因は、仕事や家庭環境などの精神的ストレス、ホルモンバランスなどの構造的ストレス、栄養不足や食品添加物摂取などの科学的ストレス、暑さ寒さや湿度の有無などの温度湿度ストレスが考えられる。どれか1つが原因なのではなく、複合的に絡んでいるために、それぞれ分野別にお話を聴いていく必要もある。

 

下記に当てはまるものはありますか?

 

  • 夜になっても眠ることが出来ない…
  • 昼間はすこし眠い…
  • ストレスが強くて、考え始めると眠れない…
  • 何がストレスかも分からない…
  • 長年お薬に頼って眠りについている…
  • 布団に入ってから2時間くらいは起きている…
  • ついつい考え事をしてしまって、眠れなくなる…

 

平井鍼灸院には不眠症で通院をして、改善した症例報告があります。

不眠症は、子供からご高齢の方まで診られる症例であり、改善する為には身体の体力をつけてあげる事と、神経の働きを正常化させることが重要となる。

 

症例1 20年来の不眠症と夜間頻尿 

 

患者

 

80代 女性

 

来院

 

2018.8

 

症状と来院理由

主訴は、夜間頻尿と20年来の不眠症。

20年以上前から、不眠症を患っている。夜寝つくのに毎日睡眠導入剤を服用。

2~3年前から薬が効かなくなり、睡眠に入ってから1時間に1回はトイレで目が覚めてしまう。

一晩眠れない日もある。眠れない毎日がとにかく辛くて来院。ここ最近はやる気も低下してきており、本来の自分の性格や行動が出来ないでいるのもストレスになっている。特にパソコン作業をしてしまうと、一晩中眠れなくなってしまう。

 

通院ペース

2週1回

 

治療内容と経過

主に、頭の骨の歪みを整えている。何故なら、不眠症は中枢神経系の症状だからである。

長年の睡眠導入剤の服薬により脳内の神経伝達物質(睡眠に関係する)が分泌以上を起こしてしまっている。不眠状態で20年も過ごしてきたので、身体が薬になれてしまい通常の機能を失ってしまっている。施術の経過としては、初回のはり施術後から体の反応が始まり夜は4時間連続で眠れるようになった。それまでは1時間に1回は夜間頻尿で起きていた。使用したツボは、側頭骨は率谷、天衝に鍼をしてパルスを10Hzで10分かけた。そのほかには、百会という頭のてっぺんのツボに鍼をした。足の冷えには、湯たんぽをつけて処置を加えた。

症状が出ている部位

 

青=冷え

                    ※黒=硬さ

 

同時に治療をした症状

夜間頻尿

 

使用した主なツボ

腎兪、膀胱兪、率谷、天衝、百会

 

考察

 

睡眠障害を訴えているご高齢の方も、その症状を見極めることで施術により改善することが可能。今回改善した理由は、身体の状態が体力がある状態だったことが考えられる。回復力は、体力に比例する。体力には、運動力・思考力・免疫力・調整力があるがこの患者さんは全てが正常に近い状態だった。極度のストレスがかかったことで、身体がバランスを崩してから長年が経過していた。体が正常化するきっかけがなかっただけで、きっかけを作ることで回復を促すことが出来た。

 

症例2 3か月間続いていた寝つきの悪さ

 

患者

 

30代 男性

 

来院

 

2016.10

 

症状と来院理由

主訴は睡眠時間が長く取れない状態が3か月間続いていること。他に、首や肩のこりも感じている。仕事は書類の事務処理でデスクワークが主な仕事内容。睡眠の状態は入眠後2~3時間で起床、その後眠れなくなる状態が続いてしまう。日中は集中力が低下してしまい、思考が固まった状態になってしまって困っている。

不眠が続いていることと、朝起きれるかどうかを気にし始めてからさらに睡眠が長く取れなくなったと自覚している。最近は疲れやすくなり、体力が落ちてきていると感じている。毎日楽しく過ごして、趣味のフットサルなどを楽しみたいと思っている。現状は疲れが抜けなくて、仕事のパフォーマンスが落ちてきてしまっていることが心配。

 

通院ペース

週1回

 

治療内容と経過

主に睡眠を継続して取ることが出来ていない状態を考えると、寝ている間に肝臓の蔵血作用(血液を収納し、血圧を下げる作用)が低下してしまい、深い睡眠状態を維持継続することが困難になっていると判断した。施術で使用したツボは、太衝、血海、期門、眉間の肝臓の反応点を使用した。睡眠の状態は2週間で回復した。その後は消化器症状の不調が現れ、体力を回復させるために胃と大腸の施術計画を立てて体質を変化させるサポート行った。その結果、免疫力を高く保てるようになり、1か月で卒業となった。

 

症状が出ている部位

 

赤=痛み 青=冷え

                    ※黒=硬さ 黄=こり

同時に治療をした症状

肩と首のこり、腰の痛み(フットサル)

 

使用した主なツボ

太衝、血海、期門、眉間の肝臓の反応点

 

考察

仕事の環境やストレスを感じることで、睡眠に異常が出ていた症例だったが、年齢と体の反応が良かったことで2週間で症状の回復が見られた。回復が見られた後も、継続して状態を維持できていたことを考えると、肝臓の機能障害(特に肝の蔵血作用)を調整することが出来たことが良かったと考える。他にも消化器系の施術計画を立てて、肝臓の機能調整をサポートするようにし、免疫反応の力も整えたのでより一層、ストレスに強い体に変化していったと考察をした。ツボは上記の内容を取り入れたが、主に頭の骨の整体も初回から施術内容に加えていったことで、脳神経の働きを正常化させるまでのスピードが早まった。

 

症例3 うとうとするけど寝付けない不眠症

 

患者

 

30代 女性

 

来院

 

2017.5

 

症状と来院理由

主訴は23時くらいに寝ようとして布団に入るけど、2~3時間は眠れない不眠症。左の頭の痛みや首の痛みがある。原因は、噛みしめによるものかも知れない。現在妊活中で、仕事はやめた。妊活のストレスがあるのか、不眠症状はここ2週間になってとても辛くなっている。基礎体温は乱れ気味で。東京に引っ越してきてから入眠障害が起こっている。いつもクヨクヨしてしまい、やる気も低下している。どうにか妊娠したいし、現在の悩みを解消したくて来院。

 

通院ペース

週1回

 

治療内容と経過

主に睡眠を継続できない理由は、心臓の機能、腎臓の機能、肝臓の機能の低下が考えられる。気分としてはクヨクヨしたりやる気の低下があることを考えると、腎臓と肝臓の機能調整が必要だと考える。施術をするツボとしては、太谿、関元、漏谷、百会、太衝、曲泉を中心に鍼とお灸で施術を行った。初回の施術の後は睡眠を持続して取れるようになった。消化機能が低下するとより一層睡眠の乱れが強くなることが分かったので、途中から脾臓と胃の機能調整も加えて、中脘と三陰交を鍼で刺激したところ、消化機能も回復した。通院3か月で妊娠をして、卒業をした。睡眠は順調に6~7時間は取れるになった。

 

症状が出ている部位

 

赤=痛み 青=冷え

                    ※黒=硬さ 黄=こり

同時に治療をした症状

たまに起こる偏頭痛

 

使用した主なツボ

太谿、関元、漏谷、百会、太衝、曲泉、中脘、三陰交

 

考察

環境の変化と妊活のストレスが重なって、睡眠障害になってしまった人の症例だった。環境の変化はコントロール出来ないが、それに適応する体の状態にするのに、弱っている腎臓と肝臓の働きを調整することがとても有効だった。初回から施術効果で眠れるようになったのは、夜て寝ている時の腎臓の納気作用、肝臓の蔵血作用が働くようになったからである。消化機能は全ての症状の土台と言える場所で、自律神経の乱れが起こっている方のほとんどは、消化機能の不調を抱えている。その点、今回は脾臓と胃の調整に中脘と三陰交を用いたことで、不調を取り除くことが出来た。3か月で妊娠に至ったという結果も、胃腸の機能が整い、腎機能と肝機能が高まってきたことが要因であると考える。

  • 03-3683-7670
  • 東京都江戸川区平井4-11-3 サンライズエンドウII 4階
  • お問い合わせ
  • 毎月平井健康通信
    毎月平井健康通信

    毎月発行しているニュースレターが見れます。

  • LINE@から予約可能
    LINE@から予約可能
  • ▼24時間予約可能▼
    ▼24時間予約可能▼
  • エキテン
  • 受付案内
    受付案内
  • アクセス
    アクセス(お問い合わせください)
  • 営業日カレンダー
    « 2019年11月»
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    • 休診日
  • ご来院地域
    【東京都】
    江戸川区 江東区 墨田区 文京区
    【千葉県】
    船橋市 市川市 松戸市 千葉市
  • お気に入り
  • 初めての患者への資料
    初めての患者への資料