江戸川区の「自律神経失調症・うつ病専門」自律神経施術を得意としている鍼灸院 都心部千葉方面からのアクセスも総武線沿線で便利
うつ病・自律神経施術専門 平井鍼灸院 ‐ 東京都江戸川区

薬の減薬期の症状

 

 

 

 

 

 

薬の減薬期の症状は何故起こるのか?

薬の減薬期の症状は、服薬している薬の血中濃度が下がってきたことによって起こります。一般的には、半減期という時期が血中濃度が下がってくる時期を表します。メンタルクリニックや心療内科、専門医によるサポートが必要となる時期です。以下の順序で減薬期の症状が起こり、どのようにしていけば良いのかを簡単に説明をさせて頂きます。

 

①現在飲んでいる薬の種類(どんな症状に効くのか)、容量(何mgなのか)、半減期(薬の血中濃度が下がるまでの時間)を把握しましょう。

 

ご自身が服薬している薬については、お薬手帳に書いてある情報が基本的な情報となっております。最低限の情報は確認できますので、補足情報はお薬辞典(専門書)もしくはインターネット上のお薬情報をもとに把握することが大切です。情報を把握していれば、どのように減薬をしていけば良いのかわかるからです。私たちも、患者さんがお飲み頂いている薬の情報を把握させていただいております。

 

②主治医(専門医、内科医、メンタルクリニックの担当医)に減薬をしていきたいという意思表示をしましょう。

 

減薬は、必ず主治医(専門医、内科医、メンタルクリニックの担当医)の指示に従ってスタートをしてください。何故なら、症状が一時的に強くなる可能性があるからです。通院している病院、内科、メンタルクリニックの主治医は減薬をサポートしてくれます。まれに減薬が思うように進まない場合もあります。その時は、セカンドオピニオンという制度を活用して、別の医療機関を受診してください。

 

③自分の体を健康的に保つための生活習慣を身に着ける。

 

減薬をするときは、体に負担がかかりますので今よりも健康な体になっていることが必要となります。整骨院、整体院、接骨院、鍼灸院、カイロプラクティックなどに通院をしている場合はその担当の先生や院長にお体の調整をしてもらいましょう。どのような調整をすればよいのかは担当の先生の指示に従って進めるようにしてください。

 

 

薬の減薬期の症状とは?

薬の減薬期の症状は、多岐にわたりますがその一例をあげさせていただきます。

 

参考引用:ロゴ

抗うつ薬の離脱・減薬(医師)

 

以下は、一般的な薬の離脱症状についての記述です。こちらの参考引用させて頂きます。

 

参考引用:https://bit.ly/3m9b38e

製薬業界の転職支援 アンサーズ Answers

 

■作用物質
睡眠薬、抗不安薬、抗精神病薬、アルコール、タバコ(ニコチン)アヘン類(麻薬類)、覚醒剤、コカインなど。

 

■主な症状
症状や程度には個人差がある。

 

・精神的症状
落ち着きがなくなる、イライラする、不安、集中力の低下、注意障害、幻覚、興奮状態になるなど。

 

・身体的症状
頭痛、めまい、しびれ、耳鳴り、吐き気、発汗、感覚過敏、知覚異常、けいれん、便秘や下痢、食欲不振など。

 

ちなみに、断薬もしくは減薬した際に出てくる症状は、薬を接種していたころとはまったく違う新しい症状である場合と、薬を飲む以前に出ていた症状が再び出現する場合の2種類がある。前者は離脱症状、後者は反跳症状(はんちょうしょうじょう)と呼ぶ。

 
 
 

薬の減薬期の症状が回復しない理由とは?

減薬期の症状が回復しない理由とは、体が多量の薬による神経的な影響を受けていたことや、長期間にわたる(1か月以上~、数年間など)服薬による依存性の確立が起きていることが理由となっております。通常、精神疾患に使われる薬物は、脳の神経に作用するものを用います(抗うつ薬、抗不安薬、安定剤、睡眠薬など)。これらの薬物は、1か月以上使用するものもあり、依存性の確立を迎える期間まで服薬する可能性が高い薬物です。特に、抗うつ薬などは3か月以上飲み続けることによってゆっくり効かせていく、半減期が長い薬物もあり、長期間の服用が医師から指示されることが多いようです。

 

抗不安薬や、安定剤、睡眠薬などは短期的に服用することが多いお薬ですが、依存性の確立に至ることもあるのが特徴です。ベンゾジアゼピン系抗不安薬やベンゾジアゼピン系睡眠薬などはその一例となります。一度依存性の確立が起こると減薬期に出てくる離脱症状に苦しむ方がいらっしゃいます。この減薬期の離脱症状を抑えるために薬をやめられないと困っている方もいらっしゃいます。

 

減薬期の症状が回復しない理由は、薬が血中からなくなっていくときに体がその負担に耐えることができないためです。薬がやめられなくなってしまうのは、依存性の確立があるかないかということも、重要な判断材料になります。平井鍼灸院での対応は、こちらのページの最後に書かせていただきますので是非ご参照ください。

 

 

薬の減薬期の一般的な対処法とは?

薬の減薬期の一般的な対処法は、薬を少しずつ減らしていく漸減法という手法を用いた減薬法に切り替えることです。これは主治医(専門医、内科医、メンタルクリニックの担当医)に相談をして提案を受けるものです。整骨院、整体院、接骨院、鍼灸院、カイロプラクティックなどではこのような支持をすることはありません。主治医以外の整骨院、整体院、接骨院、鍼灸院、カイロプラクティックなどで出来ることは、体の歪みや神経の働きを調整することです。
 
 

平井鍼灸院の薬の減薬期の対応とは?

平井鍼灸院では、減薬期の症状(離脱症状)に対して、主治医(専門医、内科医、メンタルクリニックの担当医)の指示を仰ぎながら脳神経の調整を行うことサポートしております。脳神経の調整のサポートとは、頭蓋骨の歪みを整える整体施術、頚椎~腰椎~骨盤までを調整する整体施術、高濃度酸素オイルを使用した神経および血流調整、サプリメントを用いた体質を変えるサポートのことを示します。
今まで通院してきたあらゆる場所とは違うアプローチで行っていきます。平井鍼灸院は10年間自律神経失調症とうつ病専門で行ってきた実績と症例があります。独自に開発した鍼灸アプローチ法もありますので、体で感じて頂ける変化を重視しているのが特徴です。今までどこに行っても対応できなかった症状でも安心してご来院頂けます。
 
江戸川区(平井、小岩、小松川)などの地域の中では唯一自律神経失調症とうつ病を専門としている鍼灸院です。お困りの際はいつでもご連絡、ネットからのご相談を頂けると幸いです。新規ご予約も随時受け付けております。
 
  • 03-3683-7670
  • 東京都江戸川区平井4-11-3 サンライズエンドウII 4階
  • お問い合わせ
  • LINE公式アカウントから予約可能
    LINE公式アカウントから予約可能
  • ▼24時間予約可能▼
    ▼24時間予約可能▼
  • エキテン
  • 受付案内
    受付案内
  • アクセス
    アクセス(お問い合わせください)
  • 営業日カレンダー
    « 2021年1月»
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    • 休診日
  • ご来院地域
    【東京都】
    江戸川区 江東区 墨田区 文京区
    【千葉県】
    船橋市 市川市 松戸市 千葉市
  • お気に入り
  • 初めての患者への資料
    初めての患者への資料