東京都江戸川区の「うつ病専門」自律神経施術を得意としている鍼灸院 都心部千葉方面からのアクセスも総武線沿線で便利
うつ病・自律神経施術専門 平井鍼灸院 ‐ 東京都江戸川区
オフィシャルブログ

糖質制限と自律神経の関係性とは?

" 未分類 "

2018年9月23日

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

平井鍼灸院の院長の梅田俊です。

 

本日は

 

【糖質制限と自律神経の関係性とは?】

というテーマでお伝えしていこうと思います。

最後までお付き合いください^^

 

糖質と自律神経って関係があるのか?

もちろんあります。

糖質は体の中に吸収されることで交感神経(緊張する神経)が

働き易くなる傾向があります。

 

糖質を体に入れると、血糖値が上昇します。

次にインシュリンというホルモンが出て糖質を体に吸収し、

血糖値を下げていきます。

 

しかし、糖質を摂りすぎるとインシュリンが出すぎてしまい、

血糖値が下がりすぎてしまいます。

 

下がり過ぎた血糖値は、グルカゴン(糖質を体から作る)という

ホルモンにより通常の値まで調整されます。

 

このグルカゴンが出てくるときに、交感神経が働きます。

 

 

血糖値の上下によって、自律神経の働きが乱される

いかがでしょうか?

血糖値が上下することの負担がなんとなく想像出来ましたか?

 

身体の中で、血糖値が大きく上下すると自律神経の働きが乱れてしまいます。

つまり自律神経失調症を改善するには、血糖値が上がりすぎない生活習慣が

とても大切になるという事です。

 

今現在、私は糖質制限生活をしています。

 

これは自己管理の為に行っています。

 

糖質とは、単に甘いものだけではないです。

 

・炭水化物(ごはん、小麦、パン、麺類)

・野菜(ジャガイモなどの穀物類)

 

実は甘いものでなくても、炭水化物を摂っている可能性があります。

まずは自分の食生活を見直してみましょう。

 

糖質制限をすれば、体の状態が回復に向かい出す

私が施術をしていて、心身共に楽になる患者に共通する傾向は、

食生活の改善をしているかどうかだと分かってきました。

 

糖質制限は、完全に糖質をカットするわけでありません。

たまには摂らないと必要な栄養素として体を健康に保つことが出来ません。

 

あまり神経質になる必要はないのですが、

身体の状態を整えるには、必要な考え方です。

 

身体が回復に向かうファーストステップとして、

一緒に糖質制限を始めてみませんか??

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

平井鍼灸院

院長 梅田俊

この記事を書いた人

【自己紹介】

氏名:梅田俊

生年月日:1985年6月8日

生まれた場所:東京都葛飾区

座右の銘:「昨日よりも成長し続ける」

趣味:家族旅行、筋トレ

資格:はり師、きゅう師、按摩マッサージ指圧師

   自律心体療法上級資格、頭蓋整体上級資格

 

初めまして、平井鍼灸院の院長の梅田俊です。

私は江戸川区平井の土地で自律神経専門の鍼灸院の院長をしております。

母が難病にかかったときの施術で鍼灸と出会い、自律神経の乱れで起こる

諸症状を解消するサポートをしていく事を決意して、鍼灸師になりました。

 

父がうつ病で、幼少期から母が対応に体力を使っていたこともあり、

うつ病の本人の辛さ、家族の辛さを理解しています。

 

だからこそ、世の中で苦しむ自律神経が関与する症状で苦しむ人を救うために、

平井鍼灸院で自律神経の乱れに特化した施術を行っております。

 

【平井鍼灸院が得意とする疾患】

・自律神経失調症

・うつ病

・頭痛

・ふらつき、めまい

 

是非ご相談ください。

お力になれると思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

平井鍼灸院 院長 梅田俊

カテゴリー: 未分類.
  • 03-3683-7670
  • 東京都江戸川区平井4-11-3 サンライズエンドウII 4階
  • お問い合わせ
  • エキテン
  • スタッフのブログ
    スタッフブログ
  • ブログカレンダー
    2019年9月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • ブログカテゴリー
  • タグ
  • 最新記事
  • アーカイブ
  • お気に入り